記帳代行とはどんなサービス?税理士の業務内容の比較や選ぶ際の注意点も解説!

公開日:2024/01/15

経営者や事業主にとって経理業務は欠かせないものですが、そのなかでも記帳業務は非常に重要です。しかし、記帳は専門知識と時間を要する作業であり、多くの場合、外部の専門家にアウトソーシングするのが一般的です。本記事では、経営を効率化する記帳代行サービスについて詳しく解説します。

記帳代行とは?

記帳代行とは、経理業務の一環である記帳業務をアウトソーシングするサービスを指します。経理業務には、一般的に「起票」と「記帳」の2つの主要な作業が含まれており、起票は伝票や現金出納帳を作成する業務であり、記帳は帳簿を作成する作業です。

記帳代行サービスを利用することには、いくつかの重要な利点があります。まず、記帳の正確さを確保できるのが第一です。経理業務における誤りは致命的な問題となりかねないため、専門的な知識を持つ記帳代行業者による正確な処理が不可欠です。

また、記帳代行業者に業務をアウトソーシングすることで、経営者や事業主は時間とリソースを節約できます。記帳業務は多大な時間と労力を必要とするため、専門家に委託することで、別の重要な業務に注力できるようになります。

さらに、税法や会計基準は頻繁に変更されることがあるため、対応するためには専門的な知識が必要です。記帳代行業者は、税務申告や財務報告において、つねに法的なコンプライアンスを確保しながら業務を行います。これは、税務上のトラブルを回避するためにも不可欠です。

記帳代行業者と税理士の業務内容の比較

記帳代行サービスを行える主要な依頼先は、記帳代行業者と税理士です。それぞれの業務内容を比較してみましょう。

記帳代行業者の業務内容と特徴

記帳代行業者は、記帳代行サービスに特化しており、おもに会計ソフトウェアへの入力業務を担当します。日々の取引に関する情報を把握し、これをデジタル管理することで、正確な帳簿を作成します。現金出納帳、預金出納帳、売掛残高一覧表、買掛残高一覧表、試算表、総勘定元帳などがあります。

これらの帳簿は、企業の財務状況を追跡し、税務申告や経営判断に役立ちます。記帳代行業者は、専門的な経理知識を持ち、記帳業務に特化しています。一般的に料金が比較的リーズナブルなので、小規模事業者や起業家に向いています。

税理士の業務内容と特徴

税理士は、記帳代行業者と比べて幅広い範囲の業務を行います。おもな業務内容は、納税者の代理人として税務署への申告を行ったり、税務調査時に代理人として対応したりします。また、税務申告書や関連書類の作成と提出も税理士の役割です。

税理士は税務相談にも応じ、クライアントに税金に関するアドバイスも提供します。税務法や節税対策に関する高度な専門知識を持っており、クライアントの問題解決に役立ちます。税理士は、税金に関する法的なコンプライアンスを確保し、トラブル回避をサポートしてくれますが、料金は一般的に高めです。

企業は、自身のニーズに合わせて記帳代行業者か税理士のいずれか選択し、経理業務を適切に処理できるよう、専門知識とサポートを受けることが重要です。

記帳代行サービスの選び方

記帳代行サービスを選ぶ際には、以下のポイントを検討することが重要です。

業務範囲の確認

記帳代行業者によって提供する業務範囲は異なります。起票から記帳まで一括して引き受けられる業者もありますが、限られた業務しか行えない業者も存在します。自社のニーズに合った業者を選びましょう。起票、帳簿作成、税務申告など、必要な業務をきちんとカバーしているかを確認しましょう。

税理士との提携

税務関連業務をまとめて依頼したい場合には、税理士と提携している記帳代行業者を選ぶことができます。税理士資格を持つ専門家が税務処理を行うため、法的な問題を回避できます。とくに税金に関する問題が多い場合や、税務相談が必要な場合は、税理士との連携が重要です。

また、税務申告書の作成なども含めた、税務関連業務もきちんとサポートできるかを確認しましょう。

カスタマイズと対応力

記帳代行業者が提供するサービスが、カスタマイズ可能かどうかを確認しましょう。自社のニーズに合わせた調整をできるか、突発的な変更にも対応できるかなどが重要です。また、業務に関する質問や疑問に対する対応力も評価ポイントです。顧客の要望に迅速に対応できる記帳代行業者を選ぶことで、経理業務をよりスムーズに進められるでしょう。

セキュリティの確保

企業情報のセキュリティも非常に重要です。依頼先がデータの保護とセキュリティ対策に十分に注意を払っているかを確認しましょう。とくに、個人情報や取引データを取り扱う場合、情報漏洩のリスクを最小限に抑えるための対策が必要です。

以上のポイントを考慮して、自社のニーズに合った信頼性の高い記帳代行業者を選びましょう。経理業務の効率化と正確性を確保するために、適切なパートナーを見つけることが重要です。

まとめ

記帳代行サービスは、経理業務のアウトソーシングにおいて重要な役割を果たします。経営者や事業主は、自身のニーズに合った記帳代行業者を選び、効率的に経理業務を遂行することが肝要です。また、税務関連業務を含む場合には、税理士と連携したサービスを検討することが賢明です。適切な記帳代行サービスを利用することで、経営活動に集中し、業績向上を図ることができます。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記帳代行関連コラム