自力で記帳を行う方法とは?正確さを求めるなら代行サービスの利用がオススメ!

公開日:2022/01/15

ご自身で行うメリットより、デメリットの方が大きくなってしまうのが記帳です。作業に時間を取られる上に、ミスが起きるのも避けられません。そこでオススメしたいのが記帳代行サービスの利用。デメリットは多少のコストがかかることだけ。かわりに得られる数々のメリットは、会社の発展の大きな助けとなることでしょう。

自力で記帳を行うメリット・デメリット

記帳とは取引内容のすべてを、帳簿に記入することです。帳簿は主要簿と補助簿の2種類にわけることができるのですが、主要簿として仕訳帳と総勘定元帳があり、補助簿として現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳があります。

補助簿は必要に応じて作成するものですから、すべてが必要なわけではありませんが、これらの記入・管理は大変な手間!経理担当者を置いていないなら、経営者自らが行っているケースがほとんどでしょう。

記帳を自力で行うメリット

経理担当者を置く必要がないので、その分コストをカットできることが最大のメリットです。お金の出入りも把握できますから、自社の経営状態を判断することもできます。

記帳を自力で行うデメリット

会社の規模が大きくなると、お金の出入りも激しくなり、記帳にかかる手間が増えてしまいます。たくさんの補助簿に記入するだけでも大変なのに、それを主要簿に転記する!繁忙期と重なると記帳のために、たとえば肝心の営業活動がおろそかになることもあるでしょう。

また自力での記帳は間違いが発生する恐れがあります。税金を多く納めてしまうだけでなく、場合によっては知らないうちに脱税を犯してしまうかもしれません。加算税や延滞税を取られる、税務調査に入られる可能性も否定できないのです。

自力で記帳を行う方法

ご自身で記帳を行う場合、方法は手書き、エクセルなど表計算ソフト、会計ソフトの3つにわけられます。

手書き

昔ながらの記帳方法で、仕訳帳に記入したものを総勘定元帳に転記したり、合計を出すのにいちいち電卓を使ったりと手間と時間がかかります。勘定科目など基本的な簿記の知識が必要だったり帳簿を保管しておくのにスペースが必要になったりと、メリットがほとんどない方法です。

エクセルなど表計算ソフト

PCの操作になれている方に向く記帳方法です。帳簿のひな形をダウンロードして、キーボードを使って入力していきます。基本的に手書きと変わりませんが、合計を自動で出すことができたり、帳簿を保管するスペースがいらなかったりなどのメリットがあります。

会計ソフト

市販の会計ソフトに入力していく方法です。行うことは日々の取引を仕訳帳に入力するだけ。自動で勘定科目別に振り分けらますし、総勘定元帳も自動で作成されますから、転記ミスが起こることはありません。

スピーディーかつ正確に記帳を行いたいなら代行サービスの利用がオススメ!

以上を読んだだけならば、会計ソフトが魔法の道具に感じられるかもしれませんが、実際はそうではありません。デメリットはコストがかかることと、事業規模によってはオーバースペックなこと。

何より会計ソフトを使っても仕訳帳への入力という手間は残りますし、そこでのミスも補ってくれません。PC入力が苦手な方なら、慣れるまでの時間も必要になります。

代行サービスの利用なら?

記帳代行サービスにまかせることで、会計ソフト導入のデメリットはすべてなくなります。会社がやることは、領収書や請求書などを送るだけ。代行サービスは記帳に特化しており入力はスピーディーで正確です。経理担当者を雇用する必要がなく、コストを大幅に削減できますし、会計ソフトに慣れる必要もないのです。

税理士に依頼する方法も

税理士なら記帳代行に続いて、確定申告や年末調整まで依頼できます。面倒な経理事務すべてをアウトソーシングできる上に、経営アドバイスや節税の効果も期待できるでしょう。もちろん、その分のコストはかかるのですが。

忙しいときだけの利用も可能

記帳代行だけの契約なら、最短で1か月から利用できます。繁忙期だけの利用や、お試しで使ってみることも可能です。

リアルタイムでの経営判断が可能

伝票類をため込むということはされず、記帳はスピーディーに行われますから、リアルタイムで自社の状態を把握できます。たとえば具体的な勘定科目に着目して、支出を増やす・減らす、の経営判断も即座にできるようになります。会社の業績アップも期待できるでしょう。

 

記帳の手間を軽くするには会計ソフトの利用がオススメですが、それでも完璧とはいえません。コストや手間がかかる上にミスを犯す可能性もありますし、PCの知識や慣れも必要です。一方でメリットが大きいのが記帳代行サービスの利用。コストこそかかりますが、その分は営業活動を行えばよいのです。本業に尽力するため、間違いのない納税をするために、記帳代行サービスは大きな力となってくれることでしょう。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧