記帳代行はいつ頃依頼するべき?具体的なタイミングを考えよう!

公開日:2022/01/15

記帳代行の存在を知っていても、利用するのにはきっかけが欲しいもの。依頼するのにベストのタイミングとは、一体いつなのでしょうか?端的にいってしまうなら、それは依頼したいと思ったとき。「記帳業務を誰かに任せることができたなら!」と感じたときです。たとえば会社設立を考えているなら、業者探しも同時に始めるのも正解といえます。

記帳代行を依頼するべきタイミングとは?

記帳を行う金銭的・時間的余裕がないときが、記帳代行を利用すべきタイミングです。たとえば会社を設立したタイミングでは、経理担当者を雇う金銭的な余裕はないでしょう。

また会社の成長期には、記帳を行う時間的な余裕はなくなっているはず。そんな時間があるなら営業活動をしたいというのが、経営者の本音でしょう。そして経理担当者が退職や産休で不在のタイミング。新しく採用するまでや産休の間だけ記帳代行を依頼するのはよいアイデアです。

記帳代行を依頼する利点

金銭的・時間的な余裕のなさを補ってくれることが、記帳代行を依頼する利点です。それでは、もう少し具体的に見ていきましょう。

記帳が正確に行われる

会計的な知識にとぼしい方が時間的に余裕のない状態で記帳を行うと、記帳の正確性が損なわれます。誤りのある記帳を行うと、試算表を作成する段階でつまずいてしまいますし、ひいては正しい税務申告ができません。経営を分析することもできませんし業務改善の点でも得られることはないでしょう。

節税になる

正しい申告を行うことで、税金を余分に納めることはなくなります。しかし金銭的に余裕がない場合のメリットになるのは、それだけではありません。

たとえば記帳代行を利用して青色申告すると、最大65万円の特別控除が期待できるのです。白色申告より申請に手間がかかるとか、簿記の知識が必要だとか、書類に不備があると申告が取消されるとか、いろいろなデメリットはあるものの、その多くは記帳代行の利用でクリアできるはずです。

人件費を抑えることができる

経理担当者を雇うのにかかる金額と、記帳代行を利用する金額を比較してみてください。記帳代行ならフルタイムで一人を雇用することと比べると、50〜70%の費用で利用できるはず

記帳代行の利用による人件費の抑制は、金銭的に余裕がない状態の助けとなってくれるでしょう。記帳代行は最短1カ月から利用できますから、繁忙期のみ依頼するという使い方もできるのも、大きなメリットといえます。

記帳代行を依頼するリスク

いいことばかりのような記帳代行とはいえ、反面リスクもあるものです。とはいえこれらは方法次第で避けることができるからリスクと呼ばれているもの。たとえば代行先を吟味することで、リスクは避けることができるでしょう。

領収書などを渡さなくてはいけない

記帳代行を利用するには、領収書や請求書などを渡さなくてはなりません。これに紛失される可能性があるとともに、会社の情報が外部に漏れるというリスクもあるのです。

これを防ぐ方法は、信頼の置けるところに記帳代行を依頼すること。たとえば格安の料金をうたっているような業者の中には、実務はすべて国外に丸投げということもあるようで、これではリスクが高まるばかりです。安心できる業者選びに、このHPは参考になるでしょう。

経営をリアルタイムで把握できない

記帳が必要な理由は、税務申告のためだけではありません。経営を分析したり業務改善を行ったりするにも必要で、そのためには素早い記帳が条件になるのです。

しかし代行業者を利用していては、素早い記帳は難しくなってしまうもの。スピーディとはいえ、領収書や請求書を送付してから記帳に反映されるまで、数日〜数週間はかかってしまうでしょう。あらかじめ作業が早い業者や連絡を取りやすい業者を選んでおくことが、リスクを下げる方法となります。

違法行為に加担してしまう?!

単に記帳だけでなく経営相談など、さまざまな業務を行っているのが近年の記帳代行業者です。しかし中には税理士免許を持っていないにもかかわらず、決算の申告を行う業者もありますから要注意です。

決算申告は本来、税理士資格を持っている方だけが行えるもの。それ以外の方が請け負うのは、立派な違法行為です。このことを知らずに依頼してしまうと、結果として違法行為に加担したことになってしまいます。

依頼した側にお咎めがくるとは考えにくいとはいえ、違法行為を率先して行うようなところに会計業務を依頼するのは、コンプライアンスにうるさい昨今いかがなものでしょうか。クリーンな記帳代行業者をお探しなら、ぜひこのHPを参考にしてください。

 

利用したいと思ったその時が、記帳代行に依頼するタイミング。記帳の正確性が保てたり節税が期待できたりと、数々のメリットがあるのです。とはいえ記帳代行業者すべてが信頼できるとはいえませんから、リスクもあることを知っておきましょう。たとえば金額の安さを前面に打ち出しているようなところは要注意かもしれません。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧