インボイス制度とは?フリーランスへの影響は?

公開日:2022/11/15

インボイス制度

2023年10月から始まる「インボイス制度」。なんとなく聞いたことはあるけど、具体的にはどのようなものなのかわからないという方は多いのではないでしょうか?インボイス制度は、フリーランスの方に大きく影響します。そのため、事前に理解して早めの対策が必要です。ここでは、そんなインボイス制度について解説します。

インボイス制度の具体的な概要

インボイス制度とは「インボイス」と呼ばれる適格請求書を使って仕入税額控除を受ける制度です。取引の際、受注元が発注元にインボイスを交付すれば、発注元は仕入税額控除ができます。インボイスは税務署に登録した「インボイス発行事業者」のみ交付できます。

また、インボイス発行事業者に登録できるのは、年間の売上が1,000万円以上の「課税事業者」だけです。つまり、受注元がインボイスを交付できる課税事業者でなければ、発注元はインボイスを手に入れられず、仕入税額控除ができなくなってしまいます。さて、課税事業者や免税事業者、仕入税額控除など、聞いたことはあっても意味がよくわからないという方も多いでしょう。それぞれ深堀します。

課税事業者とは

課税事業者とは、年間の売上が1,000万円以上の事業者のことです。課税事業者は、売上に含まれる消費税の納税が必要になります。

免税事業者とは

免税事業者は年間売上1,000万円以下の事業者のことです。免税事業者は消費税の納税は不要となり、取引で得た収入分の消費税は、そのまま受け取れます。

仕入税額控除とは

仕入税額控除とは、売上の消費税額から、仕入れ時に発注元に支払った消費税額を控除できる制度です。たとえば、5,500円(税込)で仕入れた商品を、7,700円(税込)で販売するとします。

売上は7,700円(税込)となり、消費税分は700円ですが、仕入れ時に500円の消費税を支払っているため、500円は仕入税額控除の対象となり、実際の納税額は200円で済みます。これが、仕入税額控除です。仕入税額控除は、取引の金額によっては何万円、何十万円と会社のお金を左右します。そのため、できるだけ仕入税額控除をしたいという会社がほとんどです。

インボイス制度の導入によるフリーランスへの影響

同じフリーランスでも「課税事業者」か「免税事業者」かによってインボイス制度による影響が変わります。インボイス制度が及ぼす影響を、事業者別で見ていきましょう。

課税事業者への影響

課税事業者の場合、インボイスの交付ができるので、直接売上を左右するような影響はありません。ただし、インボイスは税率や税額を細かく記載しなければならないため、経理処理が複雑になるデメリットがあります。

免税事業者への影響

インボイス制度は、フリーランスの中でも年間の売上が1,000万円以下の「免税事業者」に大きな影響を与えます。先ほどお伝えしたように、インボイスを交付できる受注元は「課税事業者」だけです。免税事業者は、インボイスの交付ができません。インボイスの交付ができないと、発注元は仕入税額控除を受けられないため、より多くの税金を納めなければならないのです。

すると発注元は「なるべく節税ができるよう、仕入税額控除を受けられる課税事業者と取引をしたい」と考えます。そのため免税事業者は、発注元側から取引を打ち切られてしまう可能性が出てくるのです。取引を継続しても、消費税分の減額を求められることもあります。どちらにせよ、売上が大幅に減る可能性が高いのです。

フリーランスがインボイス制度導入までに準備するべきこと

ここからは、フリーランスの方がインボイス制度導入までにするべきことを見ていきましょう。

課税事業者は税務署への申請を忘れずに

課税事業者の方は、適格請求書発行事業者登録の申請をしましょう。事業を行っている地域の管轄の税務署で申請可能です。申請して登録をすれば、インボイスの交付ができます。2023年10月からすぐにインボイス制度を利用するためには、2023年3月31日までに登録が必要です。すでに申請の受付は開始しているため、早めに申請をしましょう。

会計ソフトをインボイス制度対応のものに

インボイス制度が導入されると、経理処理が複雑になります。インボイス制度導入後に経理処理に慌てないよう、会計ソフトを見直しましょう。現在の会計ソフトがインボイス制度に適していない場合は、インボイス制度に適したものに切り替えることをおすすめします。

請求書のフォーマットを見直す

インボイス制度を利用するには、請求書であるインボイスに必要事項を記入しなければなりません。きちんとインボイスとして認められるよう、記載するべき内容を確認して、インボイス制度対応のフォーマットを作成しましょう。

インボイスに記載しなければならないのは、インボイス登録事業者の氏名or名称と登録番号、取引年月日、取引内容、税率ごとの対価額合計、税率ごとの消費税額、書類の交付を受ける事業者の使命or名称です。1項目でも漏れがあるとインボイス制度を利用できないため、漏れのないようにフォーマットを作成してください。

免税事業者は課税事業者になるか検討を

現在免税事業者の方は、課税事業者になるか検討をしましょう。免税事業者はインボイス制度によって売上に影響する可能性が高いため、インボイスが交付できる課税事業者になるのも一つの手です。年間の売上が1,000万円以下であっても、消費税課税事業者選択届出書と提出すれば、課税事業者になれます。

また、インボイス制度導入後6年間は経過措置期間とされており、その間は適格請求書発行事業者の登録をすれば、消費税課税事業者選択届出書は提出しなくて済みます。経過措置期間に申請した場合は、2023年10月から課税事業者に切り替わります。もし、免税事業者から課税事業者に切り替えたい場合は、経過措置期間中に申請するといいでしょう。

ただし、課税事業者になると、今まで免税されていた消費税を納めなければいけません。そのため、課税事業者になっても手元に入る収入は減ってしまうのです。納税義務はなくても取引に影響が出やすい免税事業者のままでいるか、納税義務は発生するけど取引に影響の出にくい課税事業者になるか、どちらのほうがいいかを自分の状況に合わせて検討しましょう。

まとめ

インボイス制度について解説しました。インボイス制度は、フリーランスの方、とくに免税事業者の方に大きな影響を与えます。また、課税事業者の方でも、申請をしなければインボイスの交付ができません。必ず、2023年10月までに税務署で申請をしてください。インボイス制度導入後に向けて、ご自身の状況に合わせて適切な準備をしておきましょう。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧