記帳代行は税理士法に違反する?安心して依頼するには

公開日:2022/02/15

税に関わる業務は税理士しかできないと税理士法に定められています。それでは記帳を税理士以外に頼むのは大丈夫なのか、記帳代行を頼んだら税理士法に違反しないのか、心配になりますよね。記帳代行は税理士法に違反しません。その理由を知れば、安心して記帳代行を依頼できるようになります。ぜひお役立てください。

税理士資格がない人が記帳代行をしても違反ではない

記帳とは領収書の仕訳や計算をして帳簿を作る作業のことです。毎日のタスクを代わりに請け負う記帳代行サービスがあります。記帳は税理士しかできないと思われる方もいますが、税理士資格がない人が記帳代行をしても違反にはなりません。

記帳は税理士業務(税理士しかできない業務)にはあたらないためです。実際に税理士事務所でも記帳をしているのは税理士以外も多く、また繁忙期になると記帳代行のパート事務員を募集しているところもあります。このように記帳自体に資格はいりませんが、お金の管理をするため日商簿記2級程度の知識はあるといいようです。

税理士以外の記帳代行会社に記帳代行を頼むメリットは料金が安くなることです。税理士は基本的に顧問料がかかり決算や記帳を含めて請け負う形で、仕訳数が一定数超えると課金されるパターンが多いです。記帳代行会社なら従量課金制で少ない仕訳数から、ピンポイントで記帳のみを頼むこともできます。

また税理士と顧問契約を結ぶ場合決算までの年間を通して契約しますが、記帳代行を専門に行う業者は月単位で契約するところも多く、年度の途中で解約がしやすい利点があります。まずは記帳の外注を試してみたい方にぴったりです。自分のニーズによって税理士に記帳代行を含め決算まで頼むか、記帳代行のみを記帳代行会社に頼むか検討しましょう。

税理士法とは

税理士の制度を定める法律です。税理士法を読んでみても、記帳代行は税理士法に違反しないことがわかりますので安心してください。税理士は資格を持ってない者が携わることを禁止されている業務を独占的に行うことができる資格、いわゆる業務独占資格にあたります。

税理士法第52条は、「税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。」と規定しています。つまり、税理士以外の人が税理士業務をすることは違法です。この税理士業務とは税務代理(納税者の代わりに税務署に税の申告をすること)、税務書類の作成(税務署に出す書類を作成すること)、税務相談(顧客の税に関する相談にアドバイスすること)です。

しかし、記帳代行はこの税理士業務に含まれないので、税理士資格がなくてもできます。実際に、国税庁ホームページの税理士法人について書かれているページには「税理士法人の業務については、税理士業務のほか、税理士が税理士の名称を使用して税理士業務に付随して行う記帳代行等の会計業務を行うことができるのと同様に、……」とあります。ここから税理士業務と税理士に付随して行う記帳代行が分けられていることがわかりますので、税理士以外にも記帳代行を安心して依頼して大丈夫です。

依頼しても問題はない記帳代行会社か確認しよう

記帳代行会社に記帳を任せても大丈夫ということがわかりました。記帳のアウトソーシングを考え始めたら、記帳代行会社を調べ依頼しても問題がない会社か確認しましょう。税理士の有無、スタッフの実績、セキュリティ体制、経営管理のしやすさをみていきます

まず記帳だけでなく確定申告や税の相談まで頼みたい場合は、その会社に税理士がいるのか、または提携しているのかを確認します。確定申告や税の相談は税理士業務にあたるため、税理士がいないにもかかわらず「確定申告までやります」と謳うような業者は違反です。

記帳のみを頼む場合は記帳スタッフの実績を聞けるとよいでしょう。簿記の勉強をしているか、経理の経験があるかなど大切なお金の管理を任せることになるので安心して依頼できる人がいいですよね。

次にセキュリティ体制です。領収書やお金の動き、取引内容が相手にわかってしまいます。これらは会社の機密情報ともいえます。秘密保持の厳守に積極的で、書類管理、情報管理を厳重にする代行会社か確認しましょう。

最後に経営管理のしやすさをチェックしましょう。経営レポートをオプションでつけてくれる記帳代行会社もあります。記帳代行会社になにをどこまで求めるかを含め、安心できる会社を探しましょう。

 

記帳代行は税理士以外がしても問題なく、税理士法に違反しないことをお伝えしました。税理士法からも税理士業務と記帳は分けて書かれているので、安心して頼めます。ただ税理士がいないにもかかわらず、確定申告を請け負うという業者は違反ですので気をつけましょう。機密情報を扱う自覚を持っていて安心して依頼できる記帳代行会社を見つけ、日々のタスクを軽くしましょう。まずは相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧