記帳代行の誤ったイメージとは?認識を改めて正しく活用しよう

公開日:2022/02/01

すべての事業者で必須となる記帳業務。毎月の領収書の仕訳や計算は大変な作業ですよね。記帳代行とは記帳代行サービス会社や税理士が代わりに帳簿作成をしてくれるサービスです。とても便利なのに、誤ったイメージを持たれることもあるようです。正しく理解してうまく活用すれば、毎日の業務が楽になり会社の成長も期待できるでしょう。

記帳代行を依頼する会社は信用がおけない

記帳代行を依頼する会社は信用がおけないというのは誤解です。むしろお金の管理をきっちりしている会社というイメージにつながるでしょう。記帳代行をしてくれるのは会計のプロで金銭管理に慣れているからです。

自分でやった方が安心という方もいるかもしれませんが、間違いに気づかない場合もあります。ついつい貯めてしまいがちな記帳作業。何か月も前のものを思い出しながら自分で作業すると、間違いのもとになります。

領収書の詳細を思い出せなくて経費にするのを諦めることもあるかもしれません。都度、外注で記帳のプロにお願いしておけば、情報が新鮮なうちに処理してくれますので、記帳がより精密になり信頼のおける経営になるでしょう。

経理担当者がいれば記帳入力を外注する必要はない

経理の仕事はすべきことが細かくたくさんあります。現金の管理、預金の管理、給与計算、仕入れや売上の管理、売掛金の回収や買掛金の支払い、月次決算、年次決算、請求書・納品書の発行などです。銀行に行くと時間をとられますし、問い合わせにつきっきりになることもあるでしょう。これにプラスして毎日の記帳をすると負担は大きくなります。

記帳代行で外注化することにより、経理業務が効率化されると会社全体にプラスに働くでしょう。経理スタッフのモチベーションがあがり間違いを減らせる、外部の意見を取り入れることで経理に透明性が生まれる、経理にすべて任せっきりにならないので突然の退職の時困らなくて済むなど多くのメリットがあるからです。外注をうまく取りいれ、安定感を持った経営をすすめましょう。

申告の際に利益調整ができなくなる

記帳代行を使うと申告の際に利益調整ができなくなるというのは誤解です。そもそも利益調整とは、合法的に利益を操作することです。節税のため、業績をよく見せるため、ノルマ達成などの目的のため利益を多く、または少なく見せます。あくまでも会計基準の認められる範囲内で行うものですが、減価償却の償却方法を変える、資産の耐用年数を変更する、債権のリスク予想を変える、研究や広告を止めるまたは追加するなどの方法があります。

記帳とは日々生じた取引の状況を帳簿に記入していく作業で、いわば申告のための基礎資料を作っている段階です。記帳のみで決算時の申告書ができあがるわけではなく、実際には決算整理仕訳、決算調整と申告調整をいれていく作業があります。したがって、記帳代行を頼むと申告の際に利益調整ができなくなるのは誤解といえるでしょう。

税理士費用が高い

記帳代行を頼むと税理士費用が高いというのは誤解です。税理士と顧問契約を結んだ場合、税理士の資格を持つ人しかできない税理士業務(税の申告や税に関するアドバイス)にプラスして、記帳を任せられます。しかし記帳は税理士以外にもできる部分ですので、一般的に税理士がすべて記帳作業をやっているわけではありません。

税理士業務ではなく毎日の記帳の部分のみを代行してほしい場合は、税理士ではなく記帳代行会社にピンポイントで記帳のみ頼むのがいいでしょう。記帳代行会社は仕訳数によって金額を決められることが多く、金額を抑えつつ記帳だけ代行してほしい方には使いやすいサービスです。

確定申告の相談など税理士業務までお任せしたい方は税理士を探しましょう。どこまでを任せたいかによって金額が変わるので、一概に税理士費用が高いというのは誤解といえるでしょう。

経営状況がわからなくなる

記帳代行を頼むと経営状況がわからなくなるというのも誤解です。毎日の記帳によって経営状況を把握したいという方もいるかもしれませんが、記帳は単純作業の積み重ねの作業なのでそれだけで経営状況がわかるかは疑問です。

記帳のこまごまとした作業をして数字を追うより、記帳代行サービスを使い、営業や開発など自分しかできないことに時間を使った方が効率的といえるでしょう。経営レポートをつけるオプションのある記帳代行会社もあります。記帳自体に時間を使うより、示されたデータを使い広い視野で経営状況を把握し、会社のために時間を有効活用しましょう。

 

記帳代行の誤ったイメージをお伝えしました。正しい理解で記帳代行サービスを活用し、毎日の業務を楽にしましょう。お金の管理のプロに外注をして高い目線から経営状況を把握すれば信頼につながります。またタスクの効率化で従業員のモチベーションをあげれば、営業や開発に時間を割けさらなる会社の成長を期待できるでしょう。どんな税理士や記帳代行サービスが自分の会社に合いそうか、相談からはじめてみてくださいね。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧