記帳代行に強い税理士の特徴とは?選ぶ際のチェックポイント

公開日:2022/01/15

記帳代行を利用しようと思った時、何を基準に考えますか?連日多忙が続き、日々の帳簿管理が難しくなってきた、経理の人材不足で今すぐ何とかしたい!そんな方はいち早く記帳代行を利用したいですよね。では、記帳代行を選ぶ時、どこを選んでも同じなのでしょうか?今回は記帳代行サービスを選ぶ際のチェックポイントをお伝えします。

記帳代行のノウハウがある

記帳代行というサービスがあることを知らない方も多いのではないでしょうか?記帳代行サービスは、会計ソフトへの入力や帳簿の記帳などを行ってくれる、とても便利なサービスです。

経理の人材不足、帳簿の記入困難、人件費削減の目的などで利用を開始する方が多いようです。今や記帳代行サービスを利用できるところは多数あり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

記帳代行を頼む場合はやはり、実績があり、記帳代行のノウハウがしっかりとある会社や税理士事務所への依頼が安心して任せられるのではないかと思います。記帳代行を検討する場合はその点にも気を付けて検討しましょう。

記帳代行はどんな人が行っているのか?

記帳代行は実は、資格が必要ありません。ですので、無資格の方が開業している場合もあります。また、税理士や会計士、行政書士が記帳代行を請け負っている場合もあります。

決算の申告をしたい場合には、納税者本人または税理士しか行えないので決算の申告を依頼する場合は税理士であると必ず確認してから依頼しましょう。

税理士に依頼するメリット

税理士に依頼した場合、決算の申告も行ってもらえるというメリットがあります。その他に、節税になるポイントをしっかりと把握しているので、その点でもメリットがあります。

また、税理士が行うことで、申告後の安心感や、税理士にしか相談できない事も相談できるのでとても心強いです。また、記帳代行の経験数も多いので安心して任せる事ができます。費用とメリットを踏まえ検討しましょう。

記帳代行のみ依頼するメリット

費用を抑えたい方は、記帳代行のみの利用も検討されるかと思います。記帳代行のみの利用ができるサービスも多々あるので、ご自身の希望にあったサービスを検討するとよいでしょう。記帳代行のみの依頼だと、費用を抑えられるというメリットがあります。

記帳入力専門のスタッフがいる

記帳入力専門のスタッフがいると記帳のスピードアップと効率化がはかれます。そのため、納期に通常1週間~2週間かかるはずがオプションで2日での納期に変更できるなど、短期納期に対応可能な会社もあります。また、低価格での利用が可能になっている場合もあります。

スタッフの離職率が高くない

スタッフの離職率が低いとよい会社だと一般的に認知されていますが、実際、どうなのでしょうか?スタッフの離職率と、記帳代行に強い税理士の関係性はどこにあるのか見ていきましょう。

スタッフの離職率が高い場合に懸念される事

スタッフの離職率が高い場合、経験が豊富な有能なスタッフが少なくなってしまっている場合があります。離職するスタッフがまったくいない会社はありませんが、極端に多すぎる場合、少し注意が必要になります。

一定期間の実務の経験がなければ、ミスなく、業務を全うするのが難しい作業もあるかと思います。その点、スタッフの離職率が高い場合、業務経験が少ないスタッフが多くなり、ミスも増えてしまう可能性があるからです。

また、納期に間に合わないなどの問題がでてきてしまう可能性もあります。経験豊富なスタッフがいる事務所は、もしトラブルや問題が起きた場合にも柔軟に対応してもらえる安心感があります。

一定数の離職率は必要

離職率が一定数あるからといって、その事務所がよくないわけではありません。離職はその人のライフステージに合わせて変化するので、避ける事はできないので一定数の離職があっても下手に不安がる必要はないでしょう。

離職をよい意味で捉えると、離職がなければ、有能なスタッフの補充ができない事や、若手スタッフの補充もできていないかもしれません。若手スタッフは経験が少ないから不要では?と思う方もいるかもしれませんが、若手スタッフがまったくいない場合も、逆に少し注意が必要になる場合もあります。

若手のスタッフの有無は今後継続して利用していく場合に重要になりますので、必ずしも不要ではないのです。若手スタッフを育成することで、税理士事務所の存続にも影響してくるからです。

 

記帳代行を依頼する場合、申告まで依頼したい場合は、必ず税理士にお願いしましょう。その場合、記帳代行で一定数実績のある税理士にお願いすると節税のポイントも踏まえ作業してくれるのでおすすめです。また、依頼する税理士により納期も変わってくるので、短期納期を依頼したい場合は、記帳入力の専門スタッフがいる効率化を図れている事務所を選択するとよいでしょう。

【札幌市】おすすめの記帳代行サービス業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YSPAimパートナーズ星田会計事務所ベンチャーパートナーズ札幌経理事務代行サービス
特徴月額3,000円~、簡単に依頼ができる会計ソフトを利用した記帳代行も対応厳重なチェックシステム最短5日のスピード納品経理・事務をまるごとサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧